読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングでアイデアを具現化したい

あらゆるものを具現化するためにプログラミングを始めました。主にC#

FIXAPI ExecutionReport

FIXAPI

ExecutionReportの概要
ExecutionReportは新規注文受付や新規注文拒否、約定、訂正処理中、
訂正受付、取消受付、執行など幅広く使われる電文。

一番見るのはTag39(OrdStatus)で39=2なら約定。

以下、個人的メモ

タグ フィールド名 FIXで必須 タイプ コメント
Standard Header Y ヘッダフィールド参照。MsgType = 8
37 OrderID Y string OANDAサーバによって付与される注文の一意識別子。
11 ClOrdID N string クライアントによって付与される一意の注文識別子
41 OrigClOrdID N string クライアントによって付与される以前の注文
(その日の最初の注文ではない)のClOrdID<11>で、
CancelRequestおよびCancel/Replace Request内の以前の注文を識別するために使用。
17 ExecID Y string OANDAサーバによって付与される執行ID。
20 ExecTransType
(FIX4.2のみ)
Y char トランザクション・タイプの識別。
有効値:
0 = 新規
150 ExecType Y char 具体的なExecution Report
(例、未履行取消)の記述、一方OrdStatus<39>は現在の注文状況(例、一部約定)を常に識別。

有効値:
0 = 新規
2 = 約定(FIX 4.2のみ)
4 = キャンセル済み
5 = 変更済み
8 = 拒否済み
C = 有効期限切れ
F = 取引(FIX 4.4のみ)
39 OrdStatus Y char 現在の注文状況を識別。

有効値:
0 = 新規
2 = 約定済み
4 = キャンセル済み
5 = 変更済み(FIX 4.2のみ)
8 = 拒否済み
C = 有効期限切れ
103 OrdRejReason N int 注文拒否理由識別コード。

有効値:
0=ブローカー・オプション
1 = 不明なシンボル
2 = 取引所クローズ
3 = 制限を超えた注文
4 = 締め切り後入力
5 = 不明な注文
6 = 重複注文(例、重複ClOrdID<11>)
8 = ステール注文
99 = その他(FIX 4.4のみ)
1 Account N string OANDAfxTradeまたはfxTradePractice口座番号。本仕様説明書で示されているOANDAサーバへのアウトバウンド注文または取引リクエストで必要。
21 HandlInst Y(FIX4.2)
N(FIX4.4)
“1” ブローカー立会場の注文取扱説明。FIX 4.4では、このフィールドがない場合、値は1として解釈される。
有効値:
1 =自動執行注文、プライベート、ブローカーの介入無し
55 Symbol Y string フォワードスラッシュを入れた有効なISO通貨ペアでなければならない。例、EUR/USD。


最後におそらく国内の書籍でFIXプロトコルについて触れているのは
この1冊と思われます。興味ある方はどうぞ

FIX入門